​放課後等デイサービス

​児童指導員

5.jpeg

– 大切にしてること

子どもの数だけ正解があると考えていて、私たちに出来る「子ども、家族の希望」には何でも答えていきたいと考えながら、学習支援を主にさせて頂いています。

 

時計の読み方、挨拶やお金の使い方、信号などの交通ルールといった生活学習から、受験まで、子どもの今と未来を考え、子どもにあったサービスを提供しています。

決められたことをする放課後等デイサービスであったり、時間の融通が効かないといった話も伺いますが、私たちは主体でなく、子ども、家族を主体に考え、柔軟に対応させて頂いています。

 

障がいのある子どもたちは、地域のプール教室に通いたくても難しいといった話を聴き、1対1でその子に合わせたプール教室を実施したり、地域の塾に学習面でついていけない、バスがなくて通えないといった子どもに対して、個別の学べる機会をつくったりしています。

– 今後について

今、未就学、卒業後の支援できる機能が花ごころにはありません。

学校に行く前から、高校を卒業してからの人生にも寄り添っていきたい想いを持っています。「本当に花ごころさんにお願いして良かった」と言ってもらえるようになりたい。

人生に寄り添い、一緒に悩み、喜びを分かち合いながら、成長や可能性が広がっていくところを見守っていきたいと思っています。