​光の里福祉協会

代表取締役

DSC01392.jpeg

– 大切にしていること

一人ひとり、一つひとつ、向き合っていく中で、一緒に働くスタッフが、どう自分と向き合い変わっていくのか、その様子を見守ることを大切にしています。
 
自分自身が、強制、拘束されるよりも自由でありたい、スタッフには自由だからこそ自分に何ができるのかを模索して欲しい、質の高いサービスにつながると考えています。

– これからについて

もちろん仕事を大切にして欲しいですが、仕事以上に家族や自分を大切にして欲しいです。家族や自分を大切にできない人は、本当の意味で、利用者さんを大切できないと思っています。


代表取締役は、一つの役割として捉えています。

自分が見れる範囲で、常に今必要なものは何か?どうすればご利用者様やスタッフがより豊かに、幸せになれるのかを模索し続けています。

利用者さんや、スタッフに安心して貰えるように、まず、自分自身が安定し、常に笑顔でいられるように心がけています。

事業している以上、もっと大きくしていきたいですが、無理に物事を進めようとしても上手く行かないので、やるべきタイミングが来たときに、やるべきことが出来るように、常に適度な緊張感と余力を持った状態でいたいと思っています。